「フィナステリド」と「ミノキシジル」 2つの薄毛治療薬を徹底分析!

kusuri_nomu日本で薄毛治療に用いられている「フィナステリド」「ミノキシジル」の2つの治療薬。有名な治療薬なので、聞いたことがある人も多いと思いますが、違いや効能についてはあまり知られていないのかもしれませんが、どちらも日本皮膚科学会で有効な治療薬として高い評価を受けています。それぞれ単体はもちろん、併用することでさらに相乗効果が得られるといわれているものです。それでは、2つの治療薬について詳しくご紹介しましょう。

 

「フィナステリド」

  • フィナステリドって何?

もともと、前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として使用されていたものですが、増毛効果が認められるようになったことで、アメリカで薄毛の治療薬に認可されました。日本では、かなり遅れて2005年に「プロペシア」という名前で製造、販売されるようになり、現在、世界60か国以上で使用されています。購入は病院のみで処方箋がなければ手に入りません。個人輸入で購入することもできますが、中には偽装品や粗悪品があり、健康被害の報告も少なくないようです。また、未成年者や女性、特に妊婦への使用は大変危険なので禁止されています。

  • 効果

男性ホルモンを脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変えてしまう「5αリダクターゼ」を阻害して、抜け毛を防ぎます。

  • 副作用

胃の不快感、性欲減退、食欲不振、肝機能障害

 

「ミノキシジル」

  • ミノキシジルって何?

もともとはアメリカで開発された高血圧の薬です。血圧を下げる効果はもちろんですが、薬を使った人から増毛の症状が多数報告されたことで、薄毛の治療薬と認められたというわけです。ミノキシジルはアメリカでは外用薬にも内服薬にも使われていますが、日本では今のところ、外用薬のみの販売となっています。医師の処方箋がなくても薬局などで購入が可能です。よく知られている「リアップ」に入っているのもミノキシジルです。

  • 効果

血管拡張作用で血流がよくなります。

  • 副作用

内服薬では心拍数の向上、めまい、体毛が濃くなる、頭痛、顔のむくみなど。外用薬では、頭皮のかぶれ、かゆみなど。

 

どちらのほうが効果が高いとは言い切れませんが、ミノキシジルは気軽に薬局で手に入ることから利用者も多いようです。ただし、あくまでも自己判断による薄毛対策ですので、やはり、医師による適切な治療が望ましいでしょう。何かあればすぐに対応してもらえますし、効果を見ながら治療がすすめられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング