夏の過ごし方で秋の抜け毛が決まる!?しっかりケアで抜け毛予防!

kaden_airconditioner一般的に抜け毛の季節は春と秋。多くの人は秋になると一気に抜け毛が増えると感じています。通常、私たちは、1日に50~100本くらいの毛髪が抜けるのですが、秋は200本近くなるというデータが明らかにされています。さらに、もともと薄毛が始まっている人はより多くの抜け毛が見られます。そして、秋に抜け毛が増える原因は、夏の過ごし方で決まる言われているのです。確かに夏は強い日差しの中、出掛けることも多く、また生活習慣も乱れやすくなります。そこで、秋の抜け毛を助長する夏の危険な過ごし方について説明しましょう。

 

  • 生活習慣の乱れ

夏はいつまでも外が明るいことから、夜になって出かけることも多く、必然的に寝るのが遅くなってしまいます。そして、その影響で朝、なかなか起きられず、食事の時間がずれるなど、生活習慣が乱れることが多いようですね。不眠や寝不足も夏の夜にはよく見れますが、これも髪の成長に影響を及ぼします。また、暑さのせいで冷たい飲み物ばかり飲んだり、あっさりとした食事で済ませたれすることで、栄養バランスが乱れやすくなります。それが、頭皮の栄養不足につながり、健康な毛髪の生育を妨げてしまうのです。それが夏の間続くことで、秋になったときに一気に抜け毛が増えるのです。

 

  • 新陳代謝の阻害

本来、夏と言えば、新陳代謝が活発になる季節ではありますが、エアコンを多用することにより、代謝が妨げられてしまいます。代謝が滞れば、頭皮の血行が悪くなるため、やはり頭皮に十分な栄養が届けられなくなり、秋になって毛が抜けるというわけです。

 

  • 紫外線

紫外線が頭皮にあたることでかなり乾燥がすすみます。頭皮が紫外線によってダメージを受け、血行が悪くなります。頭皮が乾燥し、硬くなってしまい、老化することが抜け毛につながります。

 

毛髪にはヘアサイクルがあり、成長期、後退期、休止期を繰り返し、毛が抜けるのは休止期に入った時になります。夏の間はヘアサイクルも乱れやすくなり、秋に一気に休止期に入ることで、抜け毛が増えると考えられます。

ですから、夏の間はできるだけ規則正しい生活を心掛け、エアコンの使い過ぎに注意して、直射日光を避けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング