迷ったらこれ!「薄毛が目立たない髪型」3つのポイント!

hair_soft_mohican生え際やつむじが「薄くなったなぁ」と感じたら、少しでも目立たなくしたいと思うのは当然でしょう。けれども、多くの人は少しでも隠したいという気持ちから、髪を伸ばしたり、不自然な分け方をしたりしているようです。実は、それはより薄毛を目立たせているかもしれないのです。そこで、薄毛が目立たない髪型の3つのポイントをご紹介します。

 

ポイント1 短くスッキリ!毛量を均一に

全体を薄い部分の毛量と同じくらいに短く切ってしまいましょう。ムラが少なくなることで、薄いところが目立ちにくくなります。薄くなっていない部分の髪を伸ばすと薄い部分との濃淡でよけいに薄毛が目立ちます。毛量を均一にすることが大切です。

 

ポイント2 隠さない

どうしても薄いところは隠したくなりますが、そこグッとガマン。本人は気付いていないかもしれませんが、無理に隠そうとしても風が吹けば露わになりますし、太陽が当たるとキラキラと光ってより目立つことになるのです。そして、髪型自体も不自然になるはずです。薄いところを隠さずに見せるような髪型がおすすめです。薄毛も個性の一つと考えるとよいでしょう。

 

ポイント3 トップにボリュームを!

サイドや襟足を短くしてトップにボリュームを持たせます。サイドを短くすることでバランスがとりやすく、トップに立体感があると縦長のシルエットになり、視線が自然にトップに集まるので薄毛がわかりにくくなります。

 

では、具体的なおすすめの髪型をいくつかご提案しましょう。

 

「坊主、スポーツ刈り、スキンヘッド」

数ミリの長さのベリーショートや思い切ってスキンヘッドにするのもよい方法です。髪質に関係なくできる髪型ですし、似合えばおしゃれにも見えます。この時、薄い部分のほうを薄くない部分より長めにするのがポイントです。

 

「ソフトモヒカン」

頭頂部や後頭部が薄くなければ、サイドを短く刈り上げ、トップを軽く立たせるソフトモヒカンがおすすめです。目線がトップにいくので薄毛が目立ちにくくなります。

 

「オールバック」

髪全体を後ろに流す髪型です。前からすべての毛髪を後ろに持っていくので頭頂部や後頭部の薄さを隠すことができます。

 

薄毛は無理に隠すと周りの人に「かわいそう」「哀れ」「器が小さい」と思われてしまう可能性が高いものです。つまり、何があっても人によい印象を与えることはまずないと言えます。ですから、隠すよりもいかに薄毛を生かして元気にはつらつとした印象を与えるかを考えたほうが得策です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング