育毛剤・発毛剤・養毛剤!一番効果があるのはどれ?

hatsumou薄毛が気になりだすと、その対策に使われるのは、だいたい育毛剤、発毛剤、養毛剤のいずれかです。薬局などで簡単に手に入ることから、「とりあえず何か薄毛対策を」という場合にはよく使われているようです。けれども、いざ選ぼうと思った時、育毛剤、発毛剤、養毛剤と、いろいろな種類があるため、「どれがいいの?」「何が違うの?」「どれが一番効果的なの?」と悩んでしまったという人も多いのではないでしょうか。そこで、それぞれの特徴や効果、どれが一番おすすめなのか、詳しくご紹介します。

 

「育毛剤」

毛髪の成長を促進します。育毛剤は医薬品や医薬部外品に指定されたものが多く、非常に有効な成分が含まれており、より高い効果が期待できます。

 

「養毛剤」

脱毛を抑制し、毛髪の保護が目的で、栄養や保湿成分のほか、皮脂やフケを抑える成分が含まれています。最も手軽に使えるものですが、効き目が穏やかであり、分類は化粧品になります。養毛剤は頭皮の環境を整え、現在生えている毛髪に働きかけます。

 

「発毛剤」

脱毛後の毛母細胞を活性化させ、細胞分裂を促進します。育毛剤や養毛剤が今生えている毛髪に作用するのに対して、発毛剤は発毛を促すものです。発毛剤は医薬品指定されており、医師から処方、あるいは薬剤師がいる薬局で購入できるものがあります。

 

効果の高さからいうと発毛剤>育毛剤>養毛剤となります。自分の毛髪の状態によって使い分けるとよいでしょう。たとえば、最近抜け毛が気になるという程度なら養毛剤でも十分ですし、薄毛になりかかっているという場合は育毛剤、すでに薄毛が始まっている場合は発毛剤が適当です。ただし、高い効果が得られる発毛剤は医薬品であり、やはり副作用も心配です。とりあえず、対策したいのなら、まずは育毛剤から使ってみてはいかがでしょうか。

そこで育毛剤についてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

育毛剤の効果

育毛剤の特徴は頭皮の血行をよくして、毛髪を成長させる成分が入って入るところです。最近ではさまざまな商品が出回っており、質の高い有効成分が配合されているものも多くあります。育毛剤の効果は以下の通りです。

 

・毛母細胞や毛根細胞の新陳代謝を高める。

 

・頭皮の血行を促進し、毛乳頭に十分な栄養を届ける。

 

・雑菌の繁殖を防いで炎症を抑える。

 

・頭皮を乾燥から守って保湿する。

 

育毛剤は即効性があるものではないので、しばらく使ってみる必要があります。また、合う、合わないの個人差があります。配合されている成分も商品によって異なりますので、しばらく使い続けてみることをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング