薄毛に効果がある4つのツボはコレだ!!

massage_hand薄毛の改善方法はいろいろありますが、ツボ押しも効果的な方法です。ツボは体中にたくさんあり、それぞれ、何らかの効用を持っています。その中には血行をよくして薄毛を改善する効果を持つツボもあるのです。代表的な薄毛対策のツボについてご紹介しましょう。

 

  • 百会(ひゃくえ)

・場所・・・両耳の一番高い部分をつないだ線と、鼻の線を結んで交わる点です。押さえると少しへこんでいるのですぐわかります。

・効用・・・頭皮の血流を改善させるツボです。頭皮の神経を刺激して活性化させるほか、精神を落ち着かせる作用もあります。白髪の改善も期待できます。

・ツボ押しの方法・・・ブラッシングが基本です。また、シャンプーの時に手で軽く押さえ     て頭皮全体を前後に動かすようにすると効果的です。

 

  • 風池(ふうち)

・場所・・・耳たぶの後ろにある骨と首の真ん中のくぼんだところを結んだ中央にあります。押さえると少し痛いのですぐにわかります。

・効用・・・頭部の血流をよくするツボです。

・ツボ押しの方法・・・両手の親指を使って押し込むようにギュッと押さえます。

 

  • 角孫(かくそん)

・場所・・・耳の上の生え際

・効用・・・抜け毛を防ぐ効果があります。

・ツボ押しの方法・・・親指でギュッと強く押さえます。

 

  • 通天(つうてん)

・場所・・・百会から指2本分斜め前にあります。

・効用・・ヘアサイクルを促進、頭皮の血行を促進します。

・ツボ押しの方法・・・中指の腹を使って頭の中心に向かってゆっくり押します。

 

 

これらのツボを覚えておいて、シャンプーの際に意識的に刺激するのがおすすめです。ただし、ツボ押しの際にはいくつかの注意点があります。

 

・シャンプー前に行う

シャンプーを付ける前の乾いた状態で行うのが鉄則です。濡れた状態では髪のキューティクルが傷ついたり、頭皮にダメージを与えることもあるからです。

 

爪を立てない

爪を立てずに指の腹で優しく刺激します。力を入れ過ぎて爪を立ててしまうことも少なくありません。爪は頭皮を傷つけてしまうので注意が必要です。

 

力の入れ過ぎ、長押しはNG

力を入れ過ぎたり、長い間押し続けるのは、頭皮に負担がかかってしまいます。

 

ツボは、強く押したり、長く押し続けても、高い効果が得られるわけではありません。指の腹を使って、痛気持ちいいと思うくらいの適度な力で刺激することで高い効果が得られます。道具などが必要ないツボ押しは、最も経済的で気軽に取り組める薄毛対策だといえるでしょう。ただし、即効性があるものではないので、根気強く続けることが大切です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング