ココナッツオイルは食べるだけじゃない!薄毛にも絶大な効果を発揮!?

fruit_coconut今、大注目の美容成分「ココナッツオイル」モデルや女優、海外セレブがこぞって愛用していることから、一気に話題となり、品薄状態になっているとか…。テレビでもモデルでタレントのローラさんが紹介して、気になっている人も多いようですね。なので、美容とダイエットによい効果があることはだんだんと浸透してきましたが、実は、薄毛の改善にも高い効果が期待できることがわかり、男性からも熱い視線を注いでいるというわけです。そこで、ココナッツオイルの成分や作用について詳しくご紹介します。

 

ココナッツオイルって何?

ココナッツとはいわゆる「ヤシの実」のこと。非常に厚い繊維質で覆われた固い殻の中にあり、内部は固形部分と液状部分に分かれています。固形部分はそのまま食べたり、液状部分はジュースにして飲んだりしますが、これは未成熟の果実の場合。成熟してしまったココナッツは、乾燥させた後、ヤシ油の原料として使われます。

 

ココナッツオイルの成分

「中鎖脂肪酸」

ココナッツオイルの主成分で体にたまらない脂肪であることから、注目されています。中鎖脂肪酸の特徴は摂取後、すぐに分解、燃焼されてエネルギーに変換されるところ。一般的な脂肪である「長鎖脂肪酸」と比べて10倍も早いスピードでエネルギーに変換されるというのですから驚きです。

 

ラウリン酸」

高い抗酸化力と抗菌力が特徴で、ナント母乳にも含まれている安心成分です。頭皮のフケやかゆみ、雑菌の繁殖を抑えてくれます。

 

ビタミンE」

毛細血管の拡張効果で体の隅々までしっかりと栄養成分を運ぶお手伝いをしてくれます。

 

ココナッツオイルの薄毛に期待できる効果

ココナッツオイルは口から摂取すれば、頭皮の毛細血管を拡張し、血液や栄養分を毛根にしっかりと届けてくれるだけではなく、ダメージヘアに潤い与えてくれます。また、ココナッツオイルを使って頭皮マッサージを行うと、血行がよくなるといううれしい効果も期待できます。薄毛の原因の1つに、毛細血管が細くなったり、詰まったりすることによる栄養不足がありますので、血行の改善はとても有効な薄毛対策だといえます。そして、抗菌作用で頭皮環境が整い、健康で丈夫な毛髪が生えやすくなります。つまり、ココナッツオイルは体の中からも外からも効果的な薄毛対策ができるというわけです。

 

ココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルが薄毛対策によいことはわかったけれど、いったいどうやって使うのかわからないという人も多いはず。そこで簡単な使い方をご紹介します。

・頭皮マッサージ

ココナッツオイルを適量とり、頭皮に擦り込むようにマッサージします。しっかりと頭皮に馴染んだら、蒸しタオルで15~30分ほど包み、さらに浸透させるとより効果的です。

 

・スプレーとして吹きかける

スプレーの容器に精製水で薄めたココナッツオイルを入れ、朝、晩のヘアケアタイムや乾燥が気になる時にサッと吹きかけます。

 

ココナッツオイルは、バラエティショップでもゲットできますし、ネット通販でも出回っているので比較的簡単に手に入ります。いろいろな商品があるので迷うかもしれませんが、おすすめは純度の高いものです。食べてよし、付けてよしの万能選手「ココナッツオイル」。一度試してみる価値はありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング