あなたはどのタイプ?ハゲ方でわかる原因と対策!

hair_usuge男性の薄毛の多くは男性型脱毛症、いわゆる「AGA」だと言われています。一般的には40~50代ごろから見られるもので加齢が原因ですが、今は10~20代でもAGAによる薄毛が始まっている人も少なくありません。AGAの原因は男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素によって脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されることです。このDHTには、髪の成長を妨げる作用があることから、十分に成長する前に抜け落ちてしまうのです。この状態が続くことでだんだんと太くて丈夫な髪が減り、産毛のような細い毛だけになってしまうというわけです。

 

一口にAGAと言っても、薄くなる場所によってタイプが異なります。それぞれについて原因と対策を詳しく見ていきましょう。

 

「M型」

額の両サイドから薄くなっていき、「M」のような形になるのが特徴です。

原因・・・額の両サイドに5αリダクターゼが多く存在していることが原因です。ただし、他にも生活習慣やストレス、ヘアケアが影響していることも考えられます。また、生え際は洗顔料のすすぎ残しが多いため、それが毛穴に詰まって毛の成長を妨げている場合もあります。

対策・・・5αリダクターゼの働きを阻害する作用を持つ成分が入った育毛剤がおすすめです。また、病院に行ってきちんと診断を受けたうえで、適切な治療をするとよいでしょう。

 

「O型」

後頭部のつむじ付近から丸くはげていきます。前から見るとわかりにくいため、自分では気づかず、周りの人から指摘されて初めて気付くことが多いようです。

原因・・・頭頂部に5αリダクターゼが多いことで発症します。また、洗浄力が強いシャンプーを使ったり、過剰に皮脂が分泌していることも原因となります。薄いのに脂ぎっている人は皮脂の分泌が多いことが原因かもしれません。

対策・・・毛穴に詰まった汚れをしっかりと洗いましょう。髪ではなく頭皮を洗うイメージで、指の腹を使って揉むようにして頭皮を洗います。ただし、洗浄力が強すぎるシャンプーはNGです。より皮脂を分泌させてしまうので、頭皮に優しいものを選ぶことをおすすめします。また、不規則な生活を見直したり、喫煙やストレスなどの生活習慣を改善することも有効です。

 

「A型、U型」

生え際がどんどん後退していくタイプです。日本人に多くみられ、O型と同時に進行する人も少なくないようです。同時進行の場合、前からも後ろからもはげていくので、気になってからはアッという間に薄くなります。

原因・・・やはりM型と同様、生え際に還元酵素が多いことで起こります。もちろん、過度のストレスや生活習慣も大きく影響しています。

対策・・・U型のような生え際の後退は回復が難しいため、早めに対策することが大切です。進行する前に専門機関に相談したり、医療機関を受診して適切な治療を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング