AGAの予防に豆乳?!決め手は「大豆イソフラボン」と「リノール酸」!

drink_tounyu少し前から、女性ホルモンに似た成分として大豆イソフラボンが注目されています。そのため、多くの女性が納豆などの大豆製品を意識的に摂取しています。中でも手軽に飲める豆乳は人気があります。そして、今は、豆乳がAGAの改善にも効果がある言われているのです。実際に、AGA予防のために毎日豆乳を飲んでいる人もいるようですね。そこで豆乳にどんな作用があるのかを見ていきましょう。

 

  • 男性ホルモンの分泌を抑制

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするといわれています。そして、AGAは、男性ホルモンの過剰分泌が原因だといわれています。女性ホルモンが増えると男性ホルモンの過剰な分泌が抑えられるので、AGAのリスクが減らせるというわけです。ただし、AGAは、男性ホルモンが酵素によって脱毛ホルモンに変化することで発生するので、ただ男性ホルモンの分泌を抑えただけで、AGAが予防できるということではありません。あくまでもそのリスクが軽減されるという意味です。

 

  • リノール酸が血流を改善

豆乳に含まれる「リノール酸」にはコレステロールを抑える働きとともに、血管の働きを改善して血流を促進する作用があります。身体全体、もちろん頭皮の血行もよくなるので、AGAの予防につながるのです。

 

  • 1日の摂取適量

AGA予防を目的とした場合の1日に摂取する豆乳の適量としては、大豆イソフラボンでは50mg~70mg、豆乳ではコップ1杯(400cc)が目安です。豆腐なら300gで80mgの大豆イソフラボンが摂取できますが、300gの豆腐を食べるのは大変です。納豆なら1パックで35mgくらいの大豆イソフラボンが摂れるので1日2パック食べればOK。どうしても食べにくい場合は、今は手軽に飲めるパックの豆乳もたくさん出回っているので、食事の後の日課にして毎日飲むようにするといいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング