ショック!あのおいしい日本食“TKG”が薄毛の原因!?

food_tamagokakegohan数年前には一大ブームにもなった“TKG”。いわゆる「卵かけごはん」小さいころから食べてきた人も多く、日本人にとっては本当に慣れ親しんだ味ですね。卵かけごはんのよいところは、簡単で安いのにおいしいところ。新鮮な生卵にしょうゆを少し垂らして熱々ごはんに混ぜるだけなのに、深いコクと懐かしい味が楽しめます。けれども、そんな卵かけごはんに、薄毛誘発疑惑が持ち上がっていることをご存知でしょうか。その理由を調べてみたところ、カギとなっているのは、「アビジン」と「ビオチン」という物質でした。そこで、これらの物質と薄毛の関係について詳しくご紹介します。

 

  • ビオチンの育毛効果

卵自体は、非常に育毛効果が高いといわれています。黄身には、毛髪の成長に欠かせない「ビオチン」という成分が含まれており、これは、糖の代謝や毛髪の成長を促進する作用を持っています。

 

  • アビジンが薄毛を招く

その一方で、薄毛を招くと言われているのが、卵の白身に含まれている、たんぱく質の一種「アビジン」という成分。この成分は、ビオチンと結合する性質があり、本来なら体に吸収されるはずのビオチンを吸収されない物質に変化させてしまうのです。その結果、ビオチンが不足し、ひどくなるとビオチン欠乏症となり、髪が成長できずに抜けてしまい薄毛になるというわけです。

 

つまり、せっかく育毛効果のあるビオチンを含んでいるのに、アビジンが吸収を阻害しているということになりますね。では、アビジンがビオチンと結合しないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

 

  • 黄身だけで卵かけごはん

白身のドロドロが嫌いで、もうすでに実践している人も多いようですが、黄身だけの卵かけごはんにしてしまうという方法です。

 

  • 白身だけ加熱

実はアビジンには加熱するとビオチンと結合しなくなるという性質があります。ですから、たとえば、黄身だけを生にして、白身は加熱後、別に食べたり、黄身だけの卵かけごはんに細かく砕いて混ぜるのがおすすめです。簡単で手間いらずという卵かけごはんのよいところが半減するかもしれませんが、大好きな食べ物で薄毛になるくらいなら、少し手間を掛けることは苦にならないはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング