育毛剤はたくさん使ってもダメ!正しい使用量がポイント!

cafe_money_ai2_57薄毛対策に育毛剤を使っている人も多いと思いますが、中には、なかなか効果が得られないからといって、規定の量をはるかに越える量を使っている人もいるようです。たしかに育毛剤は即効で効果が得られるものではないため「もしかしたら量が少ないのかも!」と勝手な思い込みで使用量を増やしているのです。けれども、育毛剤は多く使ったからといって、効果が早まるものではありません。むしろ、頭皮に悪い影響さえ及ぼすので、絶対にやめましょう。そこで、育毛剤の正しい使い方をご紹介しましょう。

 

・育毛剤の正しい量とは?

当然ですが、適量はパッケージなどに記載されている量です。もちろん、使用する育毛剤によって適量は異なりますので、違う商品に変えた場合は、必ず表示をチェックして正しい使用量を使いましょう。薄毛の状態によっては、表示より少ない量でも十分な効果が得られることもありますが、まずは規定の量からはじめましょう。くれぐれもつけすぎはNGです。

 

・育毛剤のつけ方

時々、育毛剤を髪につけている人がいるようですが、これは何の効果もありません。育毛剤は頭皮に付けることで、初めて効果が得られるものです。しっかりと浸透させることが大切です。

 

・育毛剤をつけるタイミング

育毛剤は血行がよくなり、シャンプーで頭皮が清潔な状態、しかも毛穴が開いているので有効成分を吸収しやすいお風呂上りに使うのがおすすめです。ただし、濡れたままの頭皮に使うのはNG。水分が邪魔をするため、浸透力が弱まってしまいます。浸透せず、残ってしまった育毛剤が毛穴をふさいでしまい、薄毛を増長させてしまうこともあるのです。ですから、ドライヤーでしっかりと乾かし、乾燥した頭皮に使うのが鉄則です。

 

・育毛剤の効果を倍増するには

育毛剤は頭皮につけるだけではなく、つけた後に優しくマッサージすることで、より高い効果が得られます。強い力でゴシゴシするのではなく、あまり摩擦が起こらないように優しく行うのがポイントです。

 

育毛剤は正しい量を正しい方法で使うことで効果が得られるものです。勝手な判断で間違った使い方をすると、より薄毛をまねくかもしれません。くれぐれも使う前には、使用方法をしっかりと確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング