AGA治療薬の副作用!もともとは育毛目的に開発されたものではないってホント?

medicine_jozai_set現在、AGAの治療に用いられているのは、「ミノキシジル」「プロペシア」です。ミノキシジルはリアップなどの市販の育毛剤にも配合されている成分。一方、プロペシアは病院で処方箋をもらって購入できる治療薬です。今ではどちらもAGA治療薬として広く浸透していますが、実は両方とも、最初からAGA治療薬として開発されたものではないのです

 

・ミノキシジル

元々は高血圧の人の血圧を下げる血圧降下剤として開発された薬です。開発過程で発毛効果が発見されたことで発毛剤として使われるようになりました。血圧を下げるため、ミノキシジルには血管を拡張させて、血流を改善する働きがあり、それが頭皮にまでしっかり栄養を運んでくれるようになったというわけです。

 

・プロペシア

当初は前立腺肥大症の薬として開発された薬です。この病気の原因は、悪玉男性ホルモンといわれている「ジヒドロテストステロン」です。そして、AGAの原因もこのホルモンが原因だといわれています。プロペシアは、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する酵素の働きを阻害する作用があることから、前立腺肥大でプロペシアを服用した人に薄毛の改善も見られたということです。

 

このようにどちらもAGAの治療に効果的であることはわかりましたが、実は副作用もあるのです。ただし、どんなによい薬にも必ず副作用はあるので、それほど気にする必要はないのかもしれませんが、どのような副作用があるのかを知っておくことは大切です。

 

・ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用として報告されているのは、低血圧、多毛症、ニキビ・肌荒れ、性的不能・性欲減退、局所発熱などです。もともとは血圧の薬であることから、どんな人でも多少は血圧に副作用が現れます。現れやすいのは、高血圧や低血圧の人、頭皮に炎症や湿疹がある人、むくみやすい人などです。

 

・プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は、精力低下、肝機能障害、不妊、がん、うつ、肥満などです。

 

ミノキシジルやプロペシアを使用する場合は、これらの副作用があることをしっかりと認識することが大切です。医師の処方の元、正しく使用するのが一番よいのですが、今は海外から安く薬を購入できるため、自己判断で服用し、副作用に悩まされている人も少なくないのです。中には早く効果を得たいがために規定の量を守らず、重篤な副作用が現れた人もいるので、十分注意することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング