薄毛は隔世遺伝だけじゃない!?優性遺伝なら父親からも遺伝する!

family_big髪の薄い父親の頭を見て、自分も将来薄毛になるのではないかと、ドキドキしたり諦めたりしている人も多いようですね。確かに薄毛は遺伝すると言われていますが、それは父親からではなく、祖父。しかも、母方の祖父からの隔世遺伝よるものだということがわかっています。その確率は全体の25%ほど。つまり、母方の祖父が薄毛だからといって、必ずしも薄毛になるわけではなく、確率は1/4だということです。実際には、母親にも遺伝しているのですが、女性の場合は顕著に現れないため、わかりにくいことから隔世遺伝に見えることもあるので、一概には言えないようです。

 

  • 隔世遺伝とは

通常、遺伝というと父親や母親からその性質を受け継ぐものですが、隔世遺伝は1世代飛び越えて遺伝することをいいます。両親ではなく、両親の両親、つまり祖父や祖母から受け継ぐことになります。

 

  • 優性遺伝とは

対立した遺伝子があった場合に、優位な遺伝子の性質が現れること優性遺伝といいます。たとえば、薄毛の原因である酵素「5αリダクターゼ」が活性しているという性質があった場合、それが優性遺伝子となり、遺伝することになります。その場合、隔世遺伝ではなく、子供にその性質が現れることもあるというわけです。

 

  • AGAの原因は遺伝だけではない!

こうしてみると薄毛が遺伝する確率はとても高いように思われますが、同じ親から生まれた兄弟でも薄毛になる人とならない人がいるのも事実です。薄毛の原因は遺伝だけではなく、生活習慣や食生活なども大きく関わってきます。いろいろな要素が複雑に絡み合っているので、母方の祖父の薄毛を見て、諦める必要は全くありません。それよりも薄毛にならないように規則正しい生活をしたり、バランスのよい食事をとることが賢明です。反対に母方の祖父が薄毛ではないからといって、安心してはいけません。薄毛の要因が遺伝意外にもたくさんあることをよく認識しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング