日本人は薄毛が目立つ!?薄毛が目立たない髪の色ってどんな色?

hatsumou_fusafusa日本人の髪色は黒。そして、頭皮は白っぽい肌色。実はこのコントラストが薄毛を目立たせていると言われています。確かに欧米人のように髪色が金髪やブラウンのほうが、地肌との色の差が少なく薄毛がわかりにくいのかもしれません。

 

  • 髪色を地肌の色に近づける

薄毛をわかりにくくするには、できるだけコントラストをなくすことが大切です。ですから、髪色を地肌に近づければ、薄毛は目立たなくなるはずです。日本人の髪色はほとんどの人が黒なので、茶髪や金髪にすることでかなり目立ちにくくしてくれます。芸能人でも金髪にして薄毛をカムフラージュしている人が結構いますね。ただ、現実には芸能人のように茶髪や金髪が許される職場は少ないと思いますので、その許容範囲での対応となりそうです。

 

  • 薄いところに色を合わせる

ほとんどの人は薄毛になったところを何とかして濃くしようと考えますが、これがなかなか難しいのが現状です。そこで、もっと簡単に薄毛を目立ちにくくするためには、薄くなった部分に濃さを合わせて髪型も変えてしまうのがてっとり早い方法です。極端にいえば、スキンヘッドや坊主頭になりますが、そこまでしなくても少し色を合わせるだけでもかなり薄毛を隠すことができますよ。つまり、頭皮が見える部分と見えない部分の境界線をできるだけなくすような髪型にすると自然に薄毛を目立ちにくくしてくれます。くれぐれも残った毛髪を大切に伸ばして薄いところをカバーする、いわゆるバーコードスタイルだけは避けたいものです。より薄毛が目立ってしまいます。

 

  • 縦にボリュームを出す

サイドの髪のボリュームを抑え、トップにボリュームを出すこと薄毛は目立ちません。ブラシなどを使って髪を立てるようにスプレーで形をキープすれば、ちょうど薄くなっている頭頂部をカバーできるというわけです。この時、整髪料をつけすぎないようにして、できるだけふんわりと立ち上げることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング