女性だけじゃない!?大豆イソフラボンが男性の薄毛を救う!

food_daizu大豆イソフラボンというと、女性ホルモンに似た働きをすることから、アンチエイジングや更年期に積極的に摂取することがすすめられている成分ですね。女性は年齢を重ねれば重ねるほど、女性ホルモンの分泌が減ってしまうため、似たような働きをする大豆イソフラボンを食べ物やサプリなどで摂取している人も大勢います。そのため、多くの人は大豆イソフラボンは女性への効果しかないと思っているようですが、実は男性の薄毛にも高い効果が期待できるのです。

 

  • 大豆イソフラボンの男性への効果

女性ホルモンは男性にも分泌されます。そして、男性が摂取した場合も女性ホルモンと同じような働きをして、男性ホルモンの働きを抑制してくれるのです。AGAは男性ホルモンの過剰な分泌が原因の1つに挙げられますので、この働きを抑える作用をもつ大豆イソフラボンを摂取することで、薄毛も予防、改善できるというわけです。

 

  • 大豆イソフラボンを多く含む食品

やはり大豆を使用した食品に多く含まれています。主なものとしては、大豆、納豆、豆乳、豆腐、きなこ、味噌、油揚げなどです。普段飲んでいる牛乳を豆乳に変えたり、毎食お味噌汁をつけたりするだけでも大豆イソフラボンを摂取できますね。

 

  • 薄毛以外に期待できる効果

・体毛が薄くなる

実は男性が大豆イソフラボンを摂取すると、もうひとつ体に変化が現れます。それは、ズバリ体毛です。女性ホルモンが増えたような状態になることから、男性でも体毛が薄くなるのです。髪は生えやすくなり、体毛は薄くなるという何とも不思議な現象ではありますが、女性の中には男性の濃い胸毛やすね毛を敬遠する人が多いので結構うれしい効果かもしれませんね。

 

・ニキビ、肌荒れの緩和

大豆イソフラボンにはコラーゲンやヒアルロン酸などの生成を助けてくれる効果が期待できます。お肌のバリア機能がしっかりと作用してニキビや肌荒れを改善してくれます。

 

・体臭の軽減

体臭は男性ホルモンが原因の1つですから、大豆イソフラボンが男性ホルモンの分泌を抑制することで、気になる体臭も抑えられるというわけです

 

  • 過剰摂取による副作用

大豆イソフラボンが薄毛に効果があるからといっても過剰に摂取するのはNGです。男性が過剰摂取すると女性の体に近づき、筋肉がつきにくくなったり、男性機能が衰えてしまう可能性もゼロではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング